社会人になって会社でちょっとした書類とか、
一人暮らしをするときに部屋を借りるときや、通信回線の契約書などに

何気なく印鑑を押していませんか?

私は何も知らずに、何も考えずに
高校卒業の際に学校から皆に配られた、いわゆる「三文判」を
色々なものにトントン押しまくってた時期がありました。
最近銀行口座を一つ開設しまして、
印鑑を新たに一つ作りました。
その際に印鑑屋さんで
実印」、「銀行印」、「認印」について
違いを講義して貰いました。

そういえば、今までちゃんと知らずに生きてきたなぁと気付きました。

知らないと恥をかく!?学校では教えてくれない、
実印」、「銀行印」、「認印」の違いをまとめました。

スポンサードリンク

「実印」、「銀行印」、「認印」の違いとは?

hanko1

 

 

 

 

 

実印とは?
住民登録をしている自治体に、印鑑登録の申請をして、登録された印鑑の事です。

不動産の売買や遺産相続など公的書類に必要で、
本人の証明が必要な場合に使われる。

銀行印とは?
銀行で口座を開設する際に、登録した印鑑の事です。

認印とは?
実印として印鑑登録されていない印鑑の事です。

実印を必要としない契約の際などに使われる。

 

購入したばかりの印鑑は全て「認印」!
認印は何本でも持てる

銀行で登録したら「銀行印」!
銀行印は何本でも持てる。

役所で印鑑登録したら「実印」!
実印は一人に一つ!

実印、銀行印、認印それぞれどんな印影(文字の形)にするべき?

hanko2

 

 

 

 

 

印鑑は古くからある物であり、大事な証明等に使う物として
験担ぎ(げんかつぎ)の要素も大きくあります。
よって印影(文字の形)には様々な書体がありますが、今回は説明は割愛します。

どんな印影(文字の形)がそれぞれ適しているかですが、
それぞれの印鑑の性質から
ざっくり

実印、銀行印
偽造されにくいように複雑な形状の印影が適している。

認印
読みやすい形状の印影が適している。

といえます。

ところで、すごく便利な「シャチハタ」はどこまでの書類に通用する?

hanko4

 

 

 

 

 

 

 

シャチハタ」とは
朱肉を必要としない「インキ浸透印」をシヤチハタ工業株式会社が開発し、
広く普及させたことで、このインキ浸透印の代名詞が会社名「シャチハタ」となりました。
本来の商品名は「Xスタンパー」というらしいです。

朱肉を必要としないので、シャチハタ一つで持ち運びも簡単、
一押しで名前を記せる手軽さで、
回覧に押したり、伝言メモに名前を書く代わりに押したり、
デスクの引き出しに常備している方も多いかと思います。

そんなシャチハタはどこまでの書類に押せるものなのか?

基本的に、契約書などの大事な書類にはシャチハタは不可とされています。
会社で社内の文書でも、ちょっとした重要な書類だとシャチハタ不可の場合があるかと思います。

シャチハタが重要書類に不可とされる理由として、

①ゴム印の為、印影が押し加減で変化してしまう。
②インクの為、印影が劣化してしまう恐れがある。

等があります。

会社内の文書でも、会社 対 個人で約束(契約)を結び、その書類を保管しなければならない場合が多々あります。
対外的な書類であればなおさらです。
 
基本的に「書類」にはシャチハタは押せないものと考えた方がよさそうです。
メモ程度のものに名前を書く手間を省くものと考えた方が無難です。

まとめ

hanko3

 

 

 

 

 

 

実印銀行印認印それぞれの違いについて
参考にして頂ければ幸いです。

自分の資産や銀行口座、契約事
非常に大事な物に係わる印鑑ですので、
それぞれ使い分けること、作る(登録する)際には
偽造されにくい物を作ることが大切です。

私は三文判を印鑑登録までして実印として使ってましたし、
使い分けもせず、全ての銀行で銀行印としても大活躍させ、
あらゆる物に押しまくっていました・・・
今はしっかりした印影の物を作って、使い分けていますが。

基本的に人に見て貰う物なので、少し立派なものを作ると、
印鑑を押す機会にわくわくしたり、誇らしくなったりするのでオススメです。

セキュリティ対策が叫ばれる昨今、印鑑から見直しされるのは
いかがでしょうか?